ドクタープロフィール 自毛植毛のドクター一覧

自毛植毛のドクターをご紹介しています。

卞 勝人  医師

身体表面の血管や神経の走向などの臨床解剖を熟知するには、形成外科の充分な知識と豊富な経験が必要です。形成外科医としての充分なトレーニングなしで皮膚にメスを入れることは、地図もガイドブックも持たず見知らぬ土地を歩くのに等しい行為です。『その医師はどの病院で、どれだけ形成外科のトレーニングを積んだ... 続きを見る

成 耆徹  医師

美容外科は、形成外科の中の一部分といっても差し支えないものです。身体表面の血管や神経の走向などの臨床解剖を熟知するには、形成外科のトレーニングが必要です。もちろん外科手術であるからには一般外科、麻酔科、救急医療の臨床経験なくして安全に手術することはできません。当クリニックは商業主義の美容外科で... 続きを見る

高山正三  医師

植毛をはじめとする美容外科の手術は、服で言えば「オートクチュール」。ひとりひとりにとっての最適の方法を選び抜き、一つとして同じものはありません。「プレタポルテ」ではだめなのです。手術が成功するかどうかは医者選びにかかっています。... 続きを見る

総院長 音田 正光  医師

自毛植毛手術はさまざまな理由で失われた毛髪を、自らの毛髪を移植することにより元の姿に近づけるための治療法であり、手術は自分の毛髪を移植することを基本とします。 髪の毛の総量が増えるわけではありません。後ろの髪を “引っ越すだけ” です。言葉を変えれば “後ろを犠牲にして”... 続きを見る

院長 井上 浩一  医師

男性だけではなく、女性の薄毛も積極的に取り組ん でいます。実際男女では多くはその薄毛のタイプが 違います。たいていは区別なく治療が行われていま すが、この区別は大切であると感じています。また 、手術といえど、気軽に受けていただけるようより... 続きを見る

院長 滝田 賢一  医師

薄毛治療は近年着実に進歩しています。内服治療や外用療法なども一定の効果は認められますが、我々の行っているFUE自毛植毛手術は薄毛の最先端治療と考えてよいと思います。ストリップ法などのデメリットをほとんど克服したこの方法は画期的な治療法です。従来の内服薬や外用剤を使用して十分な効果が得られなかっ... 続きを見る

阿部浩之  医師

毛髪医療は国内のみならず国際的にも注目を集めています。 私自身、日常診療において日本皮膚科学会・男性型脱毛症診療ガイドラインに基づき、ミノキシジルの外用やフィナステリド内服を男性型脱毛症の患者さんに勧めてきました(今現在も勧めています)。... 続きを見る

阿部浩之  医師

毛髪医療は国内のみならず国際的にも注目を集めています。 私自身、日常診療において日本皮膚科学会・男性型脱毛症診療ガイドラインに基づき、ミノキシジルの外用やフィナステリド内服を男性型脱毛症の患者さんに勧めてきました(今現在も勧めています)。... 続きを見る

蔵持大介  医師

以前交通事故にて眉毛の半分を削られてしまった小学生の治療を担当したことがあります。 保険治療で作られる眉毛は髪の毛だけでなく周囲の組織を一塊として移動してくるというもので、十分な満足感を得にくいものでした。... 続きを見る

齋藤昌美  医師

薄毛の原因は様々でそれによって治療方法も変わってきますが、進行した場合は現在の医療では植毛手術が最後の砦になります。この分野に携わるようになって 早4年、現役の形成外科医の立場から、植毛手術における自然な仕上がり、移植毛の高生着率、低侵襲手術のために、日々手術手技や麻酔方法の改良に取り組ん... 続きを見る

総院長 音田 正光  医師

自毛植毛手術はさまざまな理由で失われた毛髪を、自らの毛髪を移植することにより元の姿に近づけるための治療法であり、手術は自分の毛髪を移植することを基本とします。 髪の毛の総量が増えるわけではありません。後ろの髪を “引っ越すだけ” です。言葉を変えれば “後ろを犠牲にして”... 続きを見る

院長 阿部浩之  医師

毛髪医療は国内のみならず国際的にも注目を集めています。 私自身、日常診療において日本皮膚科学会・男性型脱毛症診療ガイドラインに基づき、ミノキシジルの外用やフィナステリド内服を男性型脱毛症の患者さんに勧めてきました (今現在も勧めています)。... 続きを見る

line
line_01.gif