よくある質問一覧

自毛植毛を受ける上で気になる疑問・よくある質問をまとめてみました。
もしここに掲載している以外に何か疑問や不安があれば相談フォームよりご相談ください。提携クリニックの医師がお答えいたします。

Q. 自毛植毛でどれくらいの量の髪の毛を移植できますか?
A. 通常1回の自毛植毛で取るドナーの面積は幅1cm×長さ20cm程度です。個人差はありますが、20c屬離疋福爾ら2000〜3000本の毛髪を移植することができます。6ヶ月以上間隔をあければ3〜4回ドナーの採取が可能なので、合計1万本前後は移植できるでしょう。

Q. 自毛植毛の手術にリスクはありませんか?
A. 自毛植毛も外科手術である以上、100%安全ということはありません。後頭部のドナーを採取した跡には(目立たないながらも)傷が残りますし、植毛部分にも麻痺や腫れが出る可能性があります。腫れは1週間程度で治まりますが、植毛部分が生え際の場合、額から目蓋にかけて出るため、長い休みが取れるならその時期に合わせて手術を受けたほうがいいかもしれません。

Q. 自毛植毛は痛くありませんか?
A. 自毛植毛の手術自体は局所麻酔が効いているため痛くはありません。手術後ドナー採取箇所が数日痛むことはあると思います。

Q. 自毛植毛の手術の後に髪が抜けるって聞きました。
A. 植毛した毛髪は手術後1ヶ月前後でいったん抜け落ちます。ただしこれはきちんと定着していれば、3ヵ月目以降にまた生えてきます。同様に植毛部分の元から生えていた毛髪が植毛の影響で抜けるショックロスという現象がありますが、この場合もほとんどがまた生えてくるのであまり心配する必要はありません。

Q. 自毛植毛はすぐに効果が出ますか?
A. 効果、というとなかなか難しい表現になります。植毛した部分の毛髪は1ヶ月前後でいったん抜け、それが元通りに生え揃うのは、周りの部分の長さにもよりますが、6ヶ月程度はかかります。

Q. 植毛した部分はもう禿げませんか?
A. 植毛した毛髪は元々生えていた部分(後頭部)の性質を受け継いでいるため、男性型脱毛症の影響はほとんど受けることはないはずです。ただし植毛がきちんと定着できずに抜け落ちてしまうケースもままあります。自毛植毛の定着率は一般に90%超とされますが、個人やクリニックによっても差があることは否定できません。また植毛部位に以前から残っている毛髪は、男性型脱毛症の進行とともに抜け落ちてしまう可能性があります。

Q. 手術後いつから普通の生活に戻れますか?
A. 翌日から頭部の接触に気をつけてもらえば、ほぼ普段どおりの生活は送れます。手術後約10日で抜糸、それから本格的な洗髪が可能です。とりあえず2週間見てもらえれば普通の生活に戻れるでしょう。

Q. ドナーの部分が禿げてしまわないか心配です。
A. 後頭部の頭皮は数cmの余裕があるので1cm幅のドナーであれば引っ張り合わせて縫合することで違和感なく傷口を塞ぐことができます。もちろん薄い線状の傷跡は残りますし、傷跡から毛が生えることはありませんが、ドナー部分周辺の毛髪をよほど短くしない限りは目立ちません。

Q. 自毛植毛って高くないですか?
A. 自毛植毛の費用だけを見れば高いと感じるかもしれません。とはいえ自毛植毛以外の薄毛対策の費用を長い目で考え比較してもらえれば、決して割高でないことはご理解いただけると思います。かつらや増毛は短いサイクルでの追加投資が必要ですが、自毛植毛は半永久的な効果が得られるため追加の費用がかかりません。

Q. 女性も自毛植毛は受けられますか?
A. もちろん可能です。ただし女性の男性型脱毛症は、男性と異なり完全に毛髪が抜け落ちてしまうことは稀で、薄いながらも毛髪は残ります。そのためショックロスには十分な注意が必要です。

line_01.gif

ドクタープロフィール 体験者の声 その他のコンテンツ
PRリンク
line_01.gif