自毛植毛とは

自毛植毛は欧米で盛んに行われている薄毛治療の先端医療です。自身の毛髪を生きたまま薄くなった部位に移植することで、安全に、より自然な毛髪を再現します。

薄毛や脱毛に悩む人は日本全国で800万人とも言われます。これまで日本における薄毛や脱毛の対処法は、かつらや増毛・育毛サービス、育毛剤の使用が中心でしたが、それぞれメリットがあればデメリットもあり、欧米においては今や常識になっている自毛植毛という新しい選択肢の登場には大きな期待が寄せられています。

自毛植毛の原理

自毛植毛は自分の毛髪を薄くなった部分に移植します。

例えば男性型脱毛症の場合、男性ホルモン(5α-DHT)の働きで前頭部や頭頂部から薄毛が進行しますが、後頭部や側頭部の毛乳頭にはDHTがほとんどないため男性ホルモンに強く、その影響をこうむることはありません。そこで後頭部の毛髪を薄毛の部分に移植すると、男性ホルモンに強い後頭部の性質を維持したまま新しい部位に定着、成長することができるのです。

もちろん自分の毛髪なので、人工毛のように新しい部位で拒絶反応を引き起こすことはありません。自毛植毛では組織を生きたまま移植するため、定着率は90%以上と言われています。移植した毛髪の生え変わりや色の変化は後頭部の性質をそのまま維持していますので極めて自然です。

男性型脱毛症

薄毛の原因の大半を占めるのが男性型脱毛症です。睾丸から分泌される男性ホルモンであるテストステロンは、毛乳頭や皮脂腺に存在する況5α-リダクターゼ(還元酵素)という酵素と結びつくことで強力な男性ホルモン況5α-ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。このDHTが前頭部から頭頂部の真皮毛乳頭に存在する受容体と反応して毛母細胞の細胞分裂を阻害することで毛髪の成長期が短縮され毛髪はやせ細り、薄毛が進行するのです。

テストステロンは第2次性徴を発現させ、筋肉や骨格の形成を促し、男性的な性質を作りますが、これ自体に毛髪の成長を妨げる働きはありません。したがって況5α-リダクターゼが欠如あるいは少ない人に男性型脱毛症は見られません

line_01.gif
line_01.gif